消費税増税に伴いキャッシュレス化が同時進行していく中デジタルマネーの取扱業者の整備が終わりブロックチェーンによる分散型台帳が国民の資産を管理する時代が来ました。現物通貨は世界共通の価値を持つデジタル通貨に一変するでしょう。私たちはこの激動の世の中を生き延びる為に何をしなければならないか?
THCは、ブロックチェーンにより何が変わるかを熟知し最善な提案をします。



THCは、最先端のアプリケーションと金融システムの出入り口を提案し、最新鋭の三次元ブロックチェーン技術とプルーフオブステークスにより誰でも簡単に資産を形成できるデジタル通貨による資産形成を提案します。

Baidu IME_2016-9-13_22-36-28.jpgエコリス
消費を工夫し生活コストを削減する教室、はじまる。

毎月消費し毎月口座から引き落とされる水道光熱費や通信費は、次々と自由化され選択肢が増えました。すなわち同品質のものを安く契約する事で安くできる、旧態依然では生活を圧迫する罪な事になります。
この教室では、整理整頓から始め簡単な作業で消費をスリムにする事の楽しさを経験していただきます。いま必要なものを最大限活かし、そこに新しいアイデアを加える事で新たな価値を生み出していきます。

fintec2.jpgフィンテックで世界が変わります
デジタル通貨の時代が始まりました

THCは、公的コンサル業務を中断し個人の投資家さん相手に限定的にコンサルを始めました、日本においては金融庁の監査のもと顧客のデジタル資産を安全に保管できるよう取引所を徹底的に指導し不正やハッキングの防止対策を構築しています。世界各国でも同様な動きがあり一部の銀行グループは国際送金に暗号通貨(クリプトカレンシー)の利用が始まりました。また、ブロックチェーン技術は記録の履歴保存に最適であり各分野で注目を集めています。FINTECK(ファイナンシャルテクノロジー)は、この1年で世界を一変するだけのポテンシャルを有し皆さんの生活そのものを変えてしまします。

FINTECK(ファイナンシャルテクノロジー)の歴史や仕組み、ブロックチェーン技術の進歩については、別途専用ページを設けました。ビットコインに代表される暗号通貨がこれからの金融取引や安全な資産管理を行う為の基礎知識と信頼ある取引所を紹介し未来が見える説明をしています。

バナーエコ.jpg

fintec2.jpg